スポンサードリンク

北京オリンピック直前最新情報カテゴリー

男子サッカー(U-22)

北京オリンピックの男子サッカーはU-22で争われます。日本代表の監督は反町監督です。サッカーではアジア予選を勝ち抜いて、北京オリンピックへの道が開かれます。

女子サッカー(なでしこジャパン)

女子サッカー日本代表の愛称は「なでしこジャパン」。男子サッカーにはない愛称がなぜあるかというと、日本サッカー協会(JFA)の女性スタッフからの提案がきっかけだそうです。

マラソン

女子マラソンは北京オリンピックでも金メダルの期待が高い種目です。 アテネオリンピックの野口みずき、シドニー五輪の高橋尚子、そして渋谷陽子や他の有力選手など、女子マラソンの選手層は非常に厚いです。

陸上競技

陸上競技はハンマー投げの室伏広治がアテネオリンピックに引き続き金メダルになるか、注目どころです。また、人種的に不利と言われる短距離走でどこまで食い込めるか?

レスリング

男子・女子ともにレスリングは北京オリンピックでのメダルの期待がかかる種目です。また総合格闘家の山本KIDが北京オリンピックを目指すという面でも話題です。

野球(星野ジャパン)

北京オリンピックでは野球もメダルの期待が高い種目です。
北京五輪では星野仙一監督。
WBCでは初代王者に輝いた王ジャパンに引き続き、星野ジャパンの活躍を期待したいところです。

自転車競技(ケイリン)

北京オリンピックの自転車競技はケイリン(競輪)などのトラック競技、ロードレース、マウンテンバイクなどあります。
ケイリン(競輪)は、柔道と同じく、日本で生まれのオリンピック競技です。

水泳

水泳は北京オリンピックでも日本代表選手がメダルを大いに期待できる種目です。
アテネ五輪に続き、北京五輪でも北島康介など日本の水泳選手の活躍が男子女子ともに期待できます。

体操

アテネ五輪で男子体操は金メダルを獲得し、北京オリンピックでもひきつづきメダルの期待があります。
一方、女子体操は停滞気味ですが、北京オリンピックで奮起して欲しいところです

柔道

日本発祥オリンピック競技の柔道。北京オリンピックでも谷亮子・野村忠宏・井上康生などの有力選手の活躍が柔道で予想されます。

バレーボール

かつては「東洋の魔女」と呼ばれた女子バレーボール日本代表。
北京オリンピックでは柳本監督のもと、メダル獲得を狙って欲しいものです。

卓球

天才卓球少女「福原愛」選手によって一気に人気に火がついた卓球。
福原愛だけでなく、「愛ちゃん2世」と称される石川佳純とともに、北京オリンピックで活躍して欲しいものです。

アーチェリー

アテネオリンピックで銀メダルを獲得した「中年の星」こと山本博の存在で一般にも広く知られるようになったアーチェリー。ちなみにオリンピックで金メダル獲得の最高年齢は64歳258日(オスカー・スバーン。射撃)だそうです。

ハンドボール

ハンドボールは日本ではどちらかというとマイナーで、オリンピックにも1988年のソウルオリンピックを最後に日本代表は出場していません。
しかし、宮崎大輔選手などの有名選手の存在もあり、ハンドボールの北京オリンピック出場なるのか注目です。

バスケットボール

バスケットボールの日本代表はアテネオリンピックでは男子地区予選敗退、女子10位という結果に終わりました。 北京オリンピックでは本戦出場、決勝ラウンド出場がそれぞれの目標となります。

カヌー

オリンピックのカヌー競技は大きく分けてフラットウォーターとスラロームに分かれます。また、カナディアンとかカヤックというのは舟の種類です。ボート競技は舟は選手の後ろ向きに進みますが、カヌーは選手の向いている方向に走ります。

バドミントン

バドミントンといえば有名なのが「オグシオ」こと小椋久美子・潮田玲子のコンビ。 バドミントンの実力だけでなく、スポーツ界きっての美人コンビでオグシオは注目されています。 しかし、意外なことに前回のアテネオリンピックには出場していません。 北京オリンピックで実力をいかんなく発揮してもらいましょう!

北京オリンピック会場

五輪の熱戦の舞台になる中国・北京の動きは?北京オリンピック観戦ツアーに参加したい人、なら知っておきたい、北京五輪会場やその周辺の情報、ホテル・宿泊施設に関する話題をお届けします。

ブックマークに追加する

北京オリンピック直前最新情報Pick Up!

吉田沙保里(女子レスリング)、国際試合115連勝

 レスリング世界選手権が開催されています。優勝すると北京オリンピック代表内定が決まるという重要なこの大会で、女子55kg級でアテネ五輪金メダリストの吉田沙保里選手が優勝し、北京オリンピックの日本代表に決定しました。吉田沙保里選手の連勝記録は...

アーチェリーの山本博、北京オリンピック代表の夢絶たれる

 「中年の星」ことアーチェリーの山本博選手は、前回の記事のように、アジア選手権に北京オリンピック代表権の最後の望みをかけていました。ところが、予選ラウンドで若手選手の台頭で16位に終わり、北京オリンピックのアジア選考会の出場権を失いました。...

男子体操、銀で北京オリンピックへ手ごたえ

 アテネオリンピックで団体金メダルを獲得した男子体操が、世界選手権で銀メダルとなり、北京オリンピックに向けて大きな弾みをつけました。  世界選手権の男子体操のメンバーは冨田、桑原、中瀬、星、沖口、水鳥の6選手で、北京オリンピックでは同じメン...

体操女子団体、北京オリンピック出場権を獲得

 男子の体操に比べ、世界のレベルと若干の開きがあった日本の女子体操ですが、北京オリンピックの出場権を獲得しました!  北京オリンピックの出場権は、世界選手権の成績で決まってくるのですが、日本の女子体操は団体で決勝を逃したものの総合12位に入...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索