トップ > 水泳 > 世界水泳、北島康介が100m平泳ぎで完全復活

世界水泳、北島康介が100m平泳ぎで完全復活

世界競泳2007で北島康介が100m平泳ぎを1分を切る好タイムで優勝しました。北島康介選手は、1ヶ月前に左太ももに肉離れを起こしたのですが、その中での好成績です。アクシデントにも動じないメンタルの強さを手に入れ、来年の北京オリンピックに向けてますます期待できそうです。

 北島康介選手は「自分の集中力を高めてレースを楽しむことができた。会場の声も後押しになりましたね」「「北京オリンピックでもう1度勝ちます」とコメント。

 ところで北島康介選手、アテネオリンピック以降、肉離れ以外にもいろんなアクシデントに悩まされています。昨年はひじ、ひざの故障、そして夏はへんとう炎で入院。しかし、だからこそメンタル的には強くなったともいえるでしょう。

 たしかにアテネオリンピック以降の戦績は浮き沈みはあります。最近の大きな大会での成績をおさらいしてみましょう。

・ 2005年4月21日 日本選手権大会(世界水泳モントリオール大会選考会兼ねる)の男子200m平泳ぎ決勝レースに出場も3位に甘んじこの競技の自力での世界選手権出場を逃した。

・ モントリオール世界水泳で男子100メートル平泳ぎで59秒53で銀メダル。50メートル平泳ぎで27秒78で日本記録を更新し、銅メダル。男子400メートルメドレーリレーでは平泳ぎで59秒19で銅メダル。

・ 2006年4月20日 日本選手権の男子200メートル平泳ぎで2年連続の敗戦。続く22日には50メートル平泳ぎでも敗れる。23日、100メートル平泳ぎで優勝し、辛うじてパンパシフィック水泳選手権の代表権を手に入れる。

・ 2006年12月3日、ドーハアジア大会の男子50メートル平泳ぎ28秒38で銀メダル、男子100メートル平泳ぎ1分01秒13で金メダル、男子200メートル平泳ぎ2分12秒05で金メダル。

・ 2007年3月、世界水泳メルボルン大会の男子100m平泳ぎ59秒96で銀メダル、男子200m平泳ぎ2分09秒80で金メダル。

wikipediaから引用)

 
ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「水泳」です。
水泳は北京オリンピックでも日本代表選手がメダルを大いに期待できる種目です。
アテネ五輪に続き、北京五輪でも北島康介など日本の水泳選手の活躍が男子女子ともに期待できます。
関連記事

世界水泳、北島康介が100m平泳ぎで完全復活

世界競泳2007で北島康介が100m平泳ぎを1分を切る好タイムで優勝しました。北島康介選手は、1ヶ月前に左太ももに肉離れを起こしたのですが、その中での好成績です。アクシデントにも動じないメンタルの強さを手に入れ、来年の北京オリンピックに向け...

水泳の北島康介、肉離れに

 水泳の平泳ぎの第一人者、北島康介選手、実は練習中に肉離れを起こしていたそうです。場所は内転筋。太ももの内側ですね。  北京オリンピックで金メダルを目指す水泳選手にとって、肉離れをいう怪我はダメージのはずですが、そこは北島選手、「(この状態...

水泳の北島康介、北京五輪にむけ調子を上げる

「チョー気持ちイイ!」 で流行語大賞を受賞した(だっけ?)男子水泳アテネオリンピック金メダルの北島康介選手が、水泳のヨーロッパグランプリの平泳ぎで100m、200mともに金メダルと、北京オリンピックに向けて好調をアピールしました。 北京オリンピックでも金メダルの期待が大いにかかる北島康介選手、やや不...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索