トップ > 柔道 > 谷亮子(ヤワラちゃん)、子離れして柔道に専念?

谷亮子(ヤワラちゃん)、子離れして柔道に専念?

「田村でも金、谷でも金、ママでも金」の名ゼリフを残した女子柔道の谷亮子選手(ヤワラちゃん)、北京オリンピックでも金メダルの期待がかかります。

しかし、妊娠・出産・育児と、柔道のブランクがあったり、柔道に専念できない環境にあるのも事実。

谷亮子ほどの柔道選手なら北京オリンピックに向けて自分をピークに持って行く術を心得ているでしょうが、日本中、世界中のライバルを退けて北京五輪で金メダルを獲るにはこれまで以上の、相当の集中力と覚悟でもって、これからの時期を過ごさなければならないでしょう。

そこで、全日本柔道連盟の委員長が、谷亮子選手に柔道に専念するよう勧告したそうです。

柔道の試合の合間に授乳する・・・柔道も育児も手を抜かない、そんな姿勢はすばらしいのですが。。。2つのことを折り合いをつけてやっていてはトップになるのは難しい?つらいところですね。

世論でも谷亮子の北京オリンピックは育児と両立では難しいと考えている人が多いようです。個人的にはぜひともがんばって欲しいのですが。

全日本柔道連盟の吉村和郎強化委員長(55)が13日、リオデジャネイロ世界選手権(9月)で出産からの復帰Vを目指す女子48キロ級・谷亮子(31)=トヨタ自動車=に「柔道専念」を勧告したことを明かした。

 吉村委員長は「これからは柔道に集中していかないといけない。(育児との)2足のわらじではきつい」と子離れを勧めた。すでに谷本人とも直接話をし、谷の母・和代さんには大会までの育児のサポートを求め、理解を得られたという。

 谷は世界代表に決定後の全日本合宿に長男・佳亮ちゃん(1つ)を帯同。来月参加するスペイン合宿にも連れて行く可能性が浮上していた。しかし「いくら子どもがかわいくても、代表になったらそうは言ってられない」と吉村氏。佳亮ちゃんのスペイン行きは「ないだろう」とした。

 すべては3か月後に迫る世界選手権で勝つための“非情指令”。「本番までに追い込んでいくしかない。動き自体は良くなっている」と期待を込めた。

20076/14 Yahoo!ニュースから引用

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「柔道」です。
日本発祥オリンピック競技の柔道。北京オリンピックでも谷亮子・野村忠宏・井上康生などの有力選手の活躍が柔道で予想されます。
関連記事

世界柔道の結果

 ブラジルのリオデジャネイロで開催された柔道の世界選手権(世界柔道)は、北京オリンピックの代表選考にも大きく関係するという重要な大会でした。世界柔道は審判の問題などで波乱含みでしたが、ここで日本選手の結果をまとめました。 男子 階級代表選手...

谷亮子(ヤワラちゃん)、子離れして柔道に専念?

「田村でも金、谷でも金、ママでも金」の名ゼリフを残した女子柔道の谷亮子選手(ヤワラちゃん)、北京オリンピックでも金メダルの期待がかかります。 しかし、妊娠・出産・育児と、柔道のブランクがあったり、柔道に専念できない環境にあるのも事実。 谷亮...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索