トップ > 卓球 > 卓球の福原愛、北京オリンピックに向けての挑戦

卓球の福原愛、北京オリンピックに向けての挑戦

北京オリンピックといえば中国、中国と言えば卓球。
卓球は中国で人気のあるスポーツで、強い選手が揃っています。

福原愛をはじめとする日本の卓球選手は、北京オリンピックで打倒中国に燃えているのですが、 そう簡単には行かないようです。

「天才卓球少女」として中国でも名を知られている福原愛にしてもそれは同じです。
このところ、やや伸び悩みの時期に来ているようですが、まだ北京オリンピックまでは一年あります。
ぜひ調子を立て直し、2段も3段もレベルアップして、北京五輪で強敵をなぎ倒す愛ちゃんを見たいものです。

そういえば福原愛に続き、女子卓球の期待の新星といえば石川佳純。
福原愛よりも若い、まだ中学生です。

そんな石川佳純のプロフィールはこちらです。

1993年2月23日山口県山口市に生まれる。両親は共に元卓球選手で、小学校1年の時に近所で行われていた白石卓球クラブの練習に連れて行かれたのがきっかけに遊び半分で卓球を始め、7歳の誕生日に両親からユニフォームをプレゼントされ本格的に卓球を始めた。元国体選手の母・久美の指導を受け、練習3ヶ月で全日本選手権バンビの部(小学2年以下)山口県予選を2位通過し、本選でもベスト64に入った。才能を確信した両親は、山口市の自宅に卓球場を造った。

母が指導する「山口ジュニアクラブ」で腕を磨き、土日は毎週のように各地で開かれる大会に参加し、大人相手に実戦経験を積んだ。小学校6年で出場した2005年の全日本選手権では高校生と大学生を破り3回戦進出し、「愛ちゃん2世」として話題になった。 同年4月から大阪の四天王寺羽曳丘中学校に進学、また福原愛がかつて在籍したミキハウスJSC卓球部に所属し、チームメイトと寮生活をするようになる。2006年の全日本選手権ではシードの社会人・柏木有希を4-2で破り5回戦に進出。同年春に日本代表候補入りを果たした。

中学2年で出場した2007年の全日本選手権では6回戦で高校生の石垣優香を4-0で破り、福原愛以来となる中学生でのベスト8進出。13歳11ヶ月での8強入りは福原の13歳1ヶ月に次ぐ史上2位の年少記録だった。さらに準々決勝で社会人の樋浦令子を4-3で破り、史上最年少でのベスト4入りを果たした。

2007年2月26日、同年5月からの世界選手権代表(クロアチア・ザグレブ)のダブルスに抜擢された。(史上最年少)

wikipediaから引用

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「卓球」です。
天才卓球少女「福原愛」選手によって一気に人気に火がついた卓球。
福原愛だけでなく、「愛ちゃん2世」と称される石川佳純とともに、北京オリンピックで活躍して欲しいものです。
関連記事

卓球の福原愛、北京オリンピックに向けての挑戦

北京オリンピックといえば中国、中国と言えば卓球。卓球は中国で人気のあるスポーツで、強い選手が揃っています。 福原愛をはじめとする日本の卓球選手は、北京オリンピックで打倒中国に燃えているのですが、 そう簡単には行かないようです。 「天才卓球少...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索