トップ > 男子サッカー(U-22) > サッカー森島康仁、北京オリンピック代表へ意欲

サッカー森島康仁、北京オリンピック代表へ意欲

 サッカーU-20日本代表のエースFW「デカモリシ」こと森島康仁(セレッソ大阪)が北京オリンピック日本代表メンバー定着に向けて意欲を見せています。

 U-22の4カ国トーナメント(8/1開幕)にサッカー日本代表が参戦しますが、U-20の代表であった森島康仁は、初戦の北朝鮮戦だけの出場になってしまいました。でも森島康仁選手は「たった一試合のみでも結果を残すだけ」と北京オリンピック代表に向けて並々ならぬ意欲を見せています。

 「五輪は大きな目標の1つ。反町監督に認めてもらうためゴールを決める」とのこと。強気の1発回答で、北京オリンピックに向けた戦いに答えを出します。

U-20から一発でU-22へ。タフな心でがんばって欲しいものです。

 なお、デカモリシこと森島康仁選手のプロフィールは次のとおりです。

森島康仁(もりしま やすひと、1987年9月18日-)は、兵庫県出身でセレッソ大阪所属のサッカー選手。ポジションはフォワード。小柄な森島寛晃と同じ「森島」という苗字のため「デカモリシ」の愛称で呼ばれる。

身体能力が高い大型ストライカー。滝川二高のエースストライカーとして各種大会や年代別代表で活躍し、2006年に中学生時代にも所属していたセレッソ大阪へ入団した。トップデビューは2006年9月23日のアビスパ福岡戦。 2006年のアジアユース選手権では3得点をあげ、日本の準優勝、Uー20W杯出場に大きく貢献した。

日本人離れした頑強な体躯で前線の基点となる大型FW。相手DFとの競り合いを悠々と制する圧倒的なパワーは、決して外国人選手に引けをとらない。ヘディングの威力もさることながら、右足・左足を問わず繰り出される高速シュートが大きな武器(本人曰く、右足は速いシュート、左足は重いシュート)。守備面でも前線でのフォアチェックは献身的である。高い闘争心で相手ゴールに迫る姿に豊かな将来性を感じるストライカー。

wikipediaから引用)

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「男子サッカー(U-22)」です。
北京オリンピックの男子サッカーはU-22で争われます。日本代表の監督は反町監督です。サッカーではアジア予選を勝ち抜いて、北京オリンピックへの道が開かれます。
関連記事

サッカー森島康仁、北京オリンピック代表へ意欲

 サッカーU-20日本代表のエースFW「デカモリシ」こと森島康仁(セレッソ大阪)が北京オリンピック日本代表メンバー定着に向けて意欲を見せています。  U-22の4カ国トーナメント(8/1開幕)にサッカー日本代表が参戦しますが、U-20の代表...

サッカー梅崎司、U-22日本代表候補に

 2007年8月1日から、北京でプレオリンピック大会にあたるサッカー「4か国対抗戦」が行われます。このプレオリンピック大会に出場するU-22サッカー日本代表候補が発表されました。  サッカー日本代表には29名の選手が選ばれたのですが、その中...

サッカーの平山相太、北京オリンピックに向けて?ダイエット

北京オリンピック日本代表エースのFW平山相太。190cmの長身を生かしたプレーで...

サッカー最終予選、日本はC組

北京オリンピックの出場権をかけた、男子サッカー最終予選の組み合わせと日程が決まりました。 日本代表はC組に入り、対戦相手はサウジアラビア・ベトナム・カタールです。 男子サッカーの最終予選は、1位だけが北京オリンピックに出場できるというもので、厳しい戦いとなりそうです。 ちなみに最終予選の日程は次のと...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索