トップ > マラソン > 男子マラソン、北京オリンピック代表内定を逃す

男子マラソン、北京オリンピック代表内定を逃す

 大阪で行われている世界陸上は北京オリンピック日本代表内定にも関係する大事な大会です。世界陸上では各競技に先駆け男子マラソンが行われましたが、成績しだいで北京オリンピック代表が内定します。

 男子マラソンに出場したのは尾方剛・大崎悟史・諏訪利成の各選手ですが、この順番で5,6,7位となりました。この順位は団体では日本マラソンは金メダルとなりましたが、個人ではメダルを獲得することができず、北京オリンピック代表の内定を逃しました。

 マラソンで団体金になったということは、男子マラソンの層の厚さを物語っています。しかしながら、北京オリンピックでメダルを狙える突出した選手がいないことも同時に物語っています。北京オリンピックでメダルを獲得するためには、どうしてもアフリカ勢との勝負に勝たなければなりません。堅実に上位を目指すのではなく、一か八かの勝負にかける積極性と、もう一段の基本スピードの向上が必要になるのではないかと思われます。

 ところで、北京オリンピックのマラソンといえば、北京市街地のあまりの大気汚染のため、競技をは延期を暗にほのめかされた競技でもあります(参考記事)。大阪の猛暑も選手にとって大変なものでしたが、大気汚染も健康問題になるかもしれません。何とか早期改善してほしいものです。

 なお、世界陸上については400mハードルの為末大選手がまさかの1次予選敗退となるなど、波乱含みです。

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「マラソン」です。
女子マラソンは北京オリンピックでも金メダルの期待が高い種目です。 アテネオリンピックの野口みずき、シドニー五輪の高橋尚子、そして渋谷陽子や他の有力選手など、女子マラソンの選手層は非常に厚いです。
関連記事

土佐礼子(マラソン)、北京オリンピック代表内定

 大阪で開催された世界陸上で、女子マラソンに出場した土佐礼子選手が銅メダルを獲得し、北京オリンピック代表に内定しました。 女子マラソンの北京オリンピック日本代表枠は残り2つ。土佐礼子選手以外の有力選手が虎視眈々とその座を狙うことになります。...

男子マラソン、北京オリンピック代表内定を逃す

 大阪で行われている世界陸上は北京オリンピック日本代表内定にも関係する大事な大会です。世界陸上では各競技に先駆け男子マラソンが行われましたが、成績しだいで北京オリンピック代表が内定します。  男子マラソンに出場したのは尾方剛・大崎悟史・諏訪...

女子マラソン野口みずき、北京オリンピックにむけて始動

 北京オリンピックでアテネに続いて女子マラソン金メダルを狙う野口みずき選手。しばらくの間負傷でフルマラソンを走っていなかったそうですが、11月18日に開催される、マラソン日本代表の選考レースとなる東京女子国際マラソンに向けて、いよいよ本格的...

マラソン土佐礼子、世界陸上の出場ピンチ

 世界的にもレベルの高い女子マラソン、その第一人者である土佐礼子選手が、思わぬアクシデントから世界陸上女子マラソン出場のピンチに立たされています。  世界陸上は北京オリンピック出場権のかかった大切な大会。土佐礼子選手がここで怪我で欠場するこ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索