トップ > マラソン > 土佐礼子(マラソン)、北京オリンピック代表内定

土佐礼子(マラソン)、北京オリンピック代表内定

 大阪で開催された世界陸上で、女子マラソンに出場した土佐礼子選手が銅メダルを獲得し、北京オリンピック代表に内定しました。 女子マラソンの北京オリンピック日本代表枠は残り2つ。土佐礼子選手以外の有力選手が虎視眈々とその座を狙うことになります。

 さて土佐礼子選手といえば、世界陸上直前にひざを怪我して世界陸上への出場が危ぶまれていました。また、マラソンのレースでも、先頭集団から一時脱落しかけたものの、40kmを過ぎてからの脅威の粘り、どうも土佐礼子選手は、逆境に陥ったときほど力を発揮するタイプのようです。

 そういえば、アテネオリンピックの最終選考レースの名古屋国際女子マラソン。このときも最後に土佐選手が1位の選手を追い上げ、逆転勝利し、オリンピック代表の座をつかみました。本当に「折れない心」を持った選手です。

 ちなみに土佐礼子選手、アテネオリンピック以外にも1998年から合計10回のマラソンに出場していますが、最も悪い成績で、アテネオリンピックの5位。優勝は3回でメダル獲得は8回という実力者なのです。

 なお、一部報道では土佐礼子選手のことを「走る主婦」と形容していますが、結婚しているだけであって主婦ではないですよね。今はマラソンのために旦那さんと別居していますから。北京オリンピックまで主婦業はおあずけですよね。

 世間では高橋尚子選手の復活を期待する声も多いようですが、土佐礼子選手にもがんばってほしいですよね。今回の世界陸上では土佐選手が唯一のメダル・・・北京オリンピックでも期待しています!

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「マラソン」です。
女子マラソンは北京オリンピックでも金メダルの期待が高い種目です。 アテネオリンピックの野口みずき、シドニー五輪の高橋尚子、そして渋谷陽子や他の有力選手など、女子マラソンの選手層は非常に厚いです。
関連記事

土佐礼子(マラソン)、北京オリンピック代表内定

 大阪で開催された世界陸上で、女子マラソンに出場した土佐礼子選手が銅メダルを獲得し、北京オリンピック代表に内定しました。 女子マラソンの北京オリンピック日本代表枠は残り2つ。土佐礼子選手以外の有力選手が虎視眈々とその座を狙うことになります。...

男子マラソン、北京オリンピック代表内定を逃す

 大阪で行われている世界陸上は北京オリンピック日本代表内定にも関係する大事な大会です。世界陸上では各競技に先駆け男子マラソンが行われましたが、成績しだいで北京オリンピック代表が内定します。  男子マラソンに出場したのは尾方剛・大崎悟史・諏訪...

女子マラソン野口みずき、北京オリンピックにむけて始動

 北京オリンピックでアテネに続いて女子マラソン金メダルを狙う野口みずき選手。しばらくの間負傷でフルマラソンを走っていなかったそうですが、11月18日に開催される、マラソン日本代表の選考レースとなる東京女子国際マラソンに向けて、いよいよ本格的...

マラソン土佐礼子、世界陸上の出場ピンチ

 世界的にもレベルの高い女子マラソン、その第一人者である土佐礼子選手が、思わぬアクシデントから世界陸上女子マラソン出場のピンチに立たされています。  世界陸上は北京オリンピック出場権のかかった大切な大会。土佐礼子選手がここで怪我で欠場するこ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索