トップ > 柔道 > 世界柔道の結果

世界柔道の結果

 ブラジルのリオデジャネイロで開催された柔道の世界選手権(世界柔道)は、北京オリンピックの代表選考にも大きく関係するという重要な大会でした。世界柔道は審判の問題などで波乱含みでしたが、ここで日本選手の結果をまとめました。

男子

階級代表選手結果北京オリンピック
60kg級江種辰明4回戦敗退×
66kg級秋本啓之4回戦敗退×
73kg級金丸雄介第3位
81kg級塘内将彦3回戦敗退×
90kg級泉浩3回戦敗退×
100kg級鈴木桂治2回戦敗退×
100kg超級井上康生3位決定戦敗退
無差別級棟田康幸優勝非五輪種目

女子

階級代表選手結果北京オリンピック
48kg級谷亮子優勝
52kg級西田優香第3位
57kg級佐藤愛子第3位
63kg級谷本歩実第3位
70kg級岡明日香2回戦敗退×
78kg級中沢さえ準優勝
78kg超級塚田真希準優勝
無差別級塚田真希優勝非五輪種目

 北京オリンピック代表枠を獲得できなかった階級はアジア枠での獲得を目指します。

 個人的に印象に残ったのは、谷亮子選手。小さな子どもを抱えての世界柔道金メダル。練習不足や、波紋を呼んだ代表内定。どんなに精神力の強い選手でも、こんな状態で金メダルが取れるはずがありません。谷亮子選手の精神構造はいったいどうなっているのか??彼女を超える柔道家、いやスポーツ選手はもう現れないかもしれません。あまりにすごい選手を見てしまいました・・・

 ただ、男子の不振は気がかりです。各方面で批評されていますが、北京オリンピックに向けて国際基準に対応していかないと、今後も納得のいかない審判結果に苦しむことでしょう。スポーツの世界は結果がすべてなので、どちらが正しいとかいう議論ではなく、実情に対応しなければいけないでしょう。

ブックマークに追加する
この記事のカテゴリーは「柔道」です。
日本発祥オリンピック競技の柔道。北京オリンピックでも谷亮子・野村忠宏・井上康生などの有力選手の活躍が柔道で予想されます。
関連記事

世界柔道の結果

 ブラジルのリオデジャネイロで開催された柔道の世界選手権(世界柔道)は、北京オリンピックの代表選考にも大きく関係するという重要な大会でした。世界柔道は審判の問題などで波乱含みでしたが、ここで日本選手の結果をまとめました。 男子 階級代表選手...

谷亮子(ヤワラちゃん)、子離れして柔道に専念?

「田村でも金、谷でも金、ママでも金」の名ゼリフを残した女子柔道の谷亮子選手(ヤワラちゃん)、北京オリンピックでも金メダルの期待がかかります。 しかし、妊娠・出産・育児と、柔道のブランクがあったり、柔道に専念できない環境にあるのも事実。 谷亮...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「野球(星野ジャパン)」です。2007年12月04日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「バレーボール」です。2007年11月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「柔道」です。2007年10月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「レスリング」です。2007年09月26日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索